【成功確率が上がる起業の方法】誰でも月収100万円!!起業の教科書

2020年2月7日

起業アイディアがない人に最適な起業法;量子波動器サロン経営

そもそも量子波動器って?

量子波動器とは、日本の法律上医療機器に該当しないため、医療者・国家資格保有者でなくとも取り扱いができ、「短時間で全身の健康状態を数値により見える化」、「不調がある、将来的に起こる可能性がある箇所の調整」を行うことができるロシア発祥の最新の代替療法が提供できる画期的な機器です。

もっと詳しい情報を知りたい場合は下記参考内のリンク先を参照ください。

参考:

なぜ量子波動器サロン経営が企業に最適なのか

それは上記で説明した起業における重要なポイントを満たしているからです。

  • 成長市場で戦う
  • 市場規模が大きいところで戦う
  • 競合が多すぎないところで戦う
  • 自分の興味関心がある、身近に感じれるところで戦う
  • 月収100万円が見込めるか
  • 最悪一人でも経営ができるか
  • 初期費用が抑えられるか
  • ランニング費用が抑えられるか
  • 利益率が高いか

Point.1-2 成長市場で戦う、市場規模が大きいところで戦う

医療業界はずっと成長している市場の1つです。医療費に関しては厚生労働省のデータによると下記のように推移しています。(参照元: https://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/database/zenpan/iryou_doukou_b.html)

  • 2011年 37.8兆円
  • 2012年 38.4兆円
  • 2013年 39.3兆円
  • 2014年 40.0兆円
  • 2015年 41.5兆円
  • 2016年 41.3兆円
  • 2017年 42.2兆円
  • 2018年 42.6兆円

また将来的に下記のように成長していくと言われています。

■日本国内のヘルスケア市場(予想)

2013年 16兆円 ⇒ 2020年 26兆円 ⇒ 2030年 37兆円

■海外のヘルスケア市場推移(予想)

2013年 163兆円 ⇒ 2020年 311兆円 ⇒ 525兆円

つまり、市場全体として成長をし続けており、今後膨れ上がる医療費を削減するためにも「予防」という観点はとても重要になり今後注力されていくと見込まれており、その「予防」という観点で大きく活躍できるのが量子波動器です。


■補足:医療費とヘルスケア市場は何が違うのかという質問を受けそうなので下記に記載します。

医療費:病気やけがをしたときには病院や診療所などの医療機関や調剤薬局などで診察・投薬・治療その他必要な医療サービスを受ける場合にかかった費用

ヘルスケア市場:製薬会社、医療機器メーカー、医療関連IT企業など産業の市場


医療関連は十分すぎる程大きく、大きい印象があるような化粧品業界や23-24万件ある、理美容業界よりもかなり大きいです。

Point.3 競合が多すぎないところで戦う

今回の量子波動器提供サロンに関して実際に最寄り駅で量子波動器のサロンを見たことがあるという方はあまりいないのではないでしょうか。今後、日常的に定期的に使用するほど市場は拡大していくと言われていますが、現状はまだまだブルーオーシャンで開拓し放題と言えます。市場が拡大する中、競合が十分な数いない中では競合は意識する必要は全くなく、サービス認知を広げることに注力するだけで、市場は開拓できていきます。

Point.4 自分の興味関心がある身近に感じれるところで戦う

この点に関しては個人により大きく差があるところなので難しいですが、ヘルスケア・健康はマズローの五段階欲求の最下層の安全欲求と関連するところもあり、多くの人が興味関心があり、身近であるのが健康関連産業です。健康になれる、人を健康にし感謝されることに抵抗がある人は少ないため、今現在興味がなくとも興味が持ちやすいのもこの領域です。

Point.5 月収100万円が見込めるか

最低ライン50万円で、一人営業で100万円が見込めるかという点ですが、期間がかかるかもしれませんが容易に達成できます。

■ 簡易シミュレーション1:量子波動器1台、ワンルームマンションをサロンとして開業した場合

想定利益:52万円(稼働率約90%で100万円も可能)

支出:14万円

 内訳:家賃8万円 光熱費1万円 広告宣伝費 5万円(10人獲得)

収入:64万円

 内訳:セッション新規10人 100,000円(初回 10,000円)、セッション既存25人 500,000円(月額20,000円の場合) 、物販4万円(売上10万、粗利40%)

稼働率:48.5%
[既存の月額の方が平均月に6回来店で150時間、新規の方10人で10時間で合計160時間 10:00-21:00営業(11時間)、30営業日とした場合]

■ 簡易シミュレーション2:量子波動器2台、ワンルームマンションをサロンとして開業した場合

想定利益:106万円 (稼働率約90%で200万円も可能)

支出:22万円

 内訳:家賃10.5万円 光熱費1.5万円 広告宣伝費10万円(20人獲得)

収入:128万円

 内訳:セッション新規20人 200,000円(初回 10,000円/人)、セッション既存50人 1,000,000円(月額20,000円の場合) 、物販8万円(売上20万、粗利40%)

稼働率:48.5%(上記と同じ割合を基に計算)

補足1:通常1サロンあたり、フル稼働を100とすると50程度が安定的に見込める集客となるケースが多いため。(経営の工夫で80%以上も目指せます)

補足2:基本的には既存の方はセルフでのサービス提供なので稼働率が高くとも労働的な負担は少ない。

補足3:営業日を20営業日にした場合は稼働率72.7%で20営業日での営業も可能。(8割を超える稼働率となる場合は単純に営業日短縮では困難なケースもあり)

補足4:量子波動器をローンで購入していない場合。ローンの場合は1台あたり、返済に月額2-3万円ほどの支出がある想定

補足5:月額通い放題のため初月の人や、中には毎日来る人がいるため稼働率は変わる場合があり。実質提供できるセッション数に上限があるため、稼働率と売上は連同しない。来店頻度があがると稼働率があがることにはなるが継続率はあがる傾向がある

補足6:一般的に軌道に乗るのは早くて3か月、1.5-3年(プロモーション方法にもよる)かかって軌道に乗るケースが多いです。

Point.6 最悪一人でも経営ができるか

上記で書いたシミュレーションは一人で開業した想定でのシミュレーションとなります。1サロン2台運営であれば一人に40万円支払っても約60万円、年間にすると700万円近くの利益が生まれ、また新たなサロンを展開する、別のやりたい事業を行う、など働き方に自由度が出ます。

スペースがあるからとワンルームで1人で3台の量子波動器の運営となると人の能力(予約管理スキル、臨機応変の対応スキル等)によっては限界が来るもしくは、稼働率から考えると稼働が不十分になるなども考えられます。そのため、1人での経営の場合は2台程度に抑え、リソースがあまっていた場合は顧客とのコミュニティニケーションに時間を割くのがよいでしょう。

Point.7 初期費用が抑えられるか

300万円あれば日本どこでも開業可能です。家賃の安いエリアや特段内装にこだわらなければ、250-260万円程度の予算でも開業が可能。(飲食店の店舗の敷金単体、内装費用単体よりもはるかに少ない初期費用にて事業立ち上げが可能)

初期費用内訳(イメージ):

  • 内装:3万円(DIYで対応)
  • モニター、PC、ケーブル関係:5万円(モニター1.5万、中古のPC 3.5万円)
  • 賃貸契約:30万円(ワンルーム1室の場合、敷金1カ月、礼金1カ月、家賃2カ月分)
  • 量子波動器(Quanta Proの場合):217.8万円(税込)

月収100万円を目指す場合には、500万円弱程度の初期費用が必要となります。

注: 量子波動器として「Quanta Pro」を機器として選定した場合となります。それ以外の量子波動器の場合は機器代金1台だけで400-800万円の費用がかかります。

Point.8 ランニング費用が抑えられるか

事業を軌道に乗せる前にランニング費用に消耗させられて事業自体をクローズする事業者は多いです。そのためにランニング費用を抑えるということはとても重要です。

上記で紹介したようなワンルーム開業の場合、家賃と光熱費、通信費の合計でも10万円弱程度でおさえることが可能です。


補足お役立ち情報:

ここまでランニング費用を抑えることができる場合、例えば「週末起業」という形で週末だけサロンとしてオープン(週末売上で月商20万)、平日はレンタルスペースとして貸出(家賃5-10割回収)など顧客が安定的につくまでの間、副業的にフレキシブルに開業することもできます。

なお、他にもリスクを抑える方法として、「レンタルスペースを用いて週末起業」という方法もあります。これが初期費用を圧倒的に抑えてできますが、この場合でうまくいっているケースがとても少なく、固定のサロンに顧客が付くという印象をお持ちます。(画期的なアイディアと思ったのですが不思議とこちらの方が難易度が高くなります。顧客から「いつでも逃げられる」と思われてしまうのか、「場所を持たないことで胡散臭く見えてしまうの」のかで、定着がしづらくまた、顧客の財布が固かったりします)

そのため「サロンは固定の場所として開業・空き時間をレンタルスペースで貸出」の方が事業としては経験上うまくいきます。(自社サービス及びコンサルティングを受けたクライアント含む)


Point.9 利益率が高いか

量子波動器のサービスは利益率(粗利率)は99-100%です。

コスト(原価)としてかかるのは波動を転写した水を提供する場合の水代です。ネットで買えば500ml 1本で40円ほどなので、新規の方 売上10,000円で約40円の原価となります。(利益率:99.6%)

月額利用者の場合には1本あたり、100円で提供するなども可能なので、その場合でも利益率は60%となり、高い利益率となります。

「売上≒利益」とできた場合、事業としては成長もしやすく、また在庫リスクもないので、事業として安定したときにはキャッシュが残るので財務的にかなり強くなります。

どのような方に最適なビジネスとなるか

今まで、書いて来たとうに事業として重要なポイントはほぼほぼ押さえることのできているのがこの量子波動器サロンの事業です。

大抵の方にとってはとても役に立つビジネスとなりますが、より具体的に踏み込んでみた形でイメージいただけたらと思い下記のような方にもよいと思って書いています。

定年を迎えた方の起業にも最適!!

「定年をしたが働き口がない」

「定年後は人に雇われるより何かしたいが何ができるかわからない」

「飲食店やカフェ経営なども検討したが、初期費用が多き過ぎて、働き詰めになる割に儲からないらしい」

そのように思われる方にとって、とても最適なビジネスとなります。

定年を迎えた方に最適なビジネスである5つの理由

  1. 同年代の方も健康に興味・不安がある方が多いので、人脈がマッチしていてる
  2. 同年代の方が顧客の場合、顧客との親密度が高くなる
  3. 同年代の方は健康の悩みレベルが若年層よりも深くまた、お金があるため安定顧客になりやすい
  4. 退職金や貯金などで初期費用となる300万円などもローンを組まずとも捻出が可能
  5. 今までの社会人としての経験があるため、経営という一歩を踏み出しやすい

40代で出世ルートから外れてしまった人にも最適

40代を超えて、運悪く出世ルートから外れてしまった、たまたま合わない会社にいたせいで活躍できていない状態で踏ん切りがつかず、再就職も難しくなってしまった方にも最適です。

またフランチャイズなどは後戻りができないように縛り付けられ、辞めたくても辞められない、売上は大きいが手元に十分なお金が残らないということがあるが、すべて自分で自由に選択できます。

40代の方に最適なビジネスである5つの理由

  1. 会社にいるという選択よりもはるかに毎日やりがいのある仕事となる
  2. 会社員と違い実力と努力で収入が青天井でのばすことが可能
  3. 300万円ほどの貯蓄があるケースが多い
  4. フランチャイズモデルはお金が残らない、制限が多いがそのようなことがない
  5. 気力・健康状態に合わせ、思い切り働きたい人にも、抑え目で働きたい人にも選択が可能

20-30代でまず経営の練習がしたい人にも最適

20-30代で起業をしたいが何からすればよくわからないという人にも最適です。会社員をやりながら週末に経営の実践を積み、その金額を生活の支えや資金とし新規の別の事業立ち上げ、投資など幅広く応用が利きます。

20-30代の方に最適なビジネスである5つの理由

  1. 週末起業からスタートをし、十分利益が出るようになってから専業にすることができる
  2. 自動運転で50万の収入をつくれ、収入への不安なく別の新規ビジネスが作れる
  3. 早くから経営の実践・経験が積むための恰好の手段となる
  4. 経営の手が離れた軌道にのった店舗を両親に譲ることで、年金・仕送り以上の贈り物が作れる
  5. 複数の店舗を運営し、若くして年収数千万の収入、投資家への道が目指せる

最後に

かなりボリューミーな内容となりましたが、実際に起業を行うにあたり、必要な情報を詰め込んでいます。

ある程度のビジネス経験がある人にはこれを読むだけで起業⇒独立・安定までできてしまうほどの内容です。(別途不十分な情報としてはより詳細な本内容の論理構成上、下層にあたる「財務」、「集客手法」「営業ノウハウ」「オペレーション方法」です。これらに関しては別途、必要な人にはなんらかのサポートもしくはこちらで情報提供していきます)

「起業」とはいざしてみるとそこまで崇高なものでもありませんが、「自分の人生を自分で選ぶ」「自分の収入は自分で決める」「文句を言うのではなくできる方法を自分で探し自分で実行する」ということ、そして「存在していなかった価値を自らの手で生み出し、雇用を生みそして納税をする」という社会や関わる人々の感謝を集めることのできるとても尊い選択です。

このコンテンツを読むことがきっかけで一人でも多くの人が「起業」という選択に踏み出し、そして資本主義経済の本質を理解・メリットを享受し、日本という素晴らしい国、環境に生まれたことに感謝できるようになることを祈っています。


機器購入・製品に関するお問合せ

ご利用目的(必須)
医院治療院サロン動物病院個人利用その他

お問合わせ製品(必須)
Quanta Pro(プロ向け)Quanta Basic(一般向け)Quanta Pro for Pets(ペット用、プロ・一般向け)その他

役職(必須)
経営者(意思決定者)スタッフ個人その他