猫の腎臓病(慢性腎不全)に効果あり

量子波動器、バイオレゾナンス療法は猫の腎障害に効果あり

量子波動器による治療の前身にあたるバイオレゾナンス療法を用いたことで、猫の腎臓の機能を回復できたという事例(Case Report)があります。

猫は年を重ねると腎臓の機能が落ちてしまうことが多くあります。家族でもある猫に一日でも長く健康に生きて欲しいと願う場合に量子波動器がとても大きな役割を担うことができるエビデンスがあります。

その事例の内容に関しては以降で書いていきます。

猫の腎機能を落とさせない予防方法

すぐにできる予防法

猫の腎機能を落とさない、腎炎や慢性腎不全にならないために重要なのは重金属特に水銀を摂取させないということがとても重要です。フッ素もその原因になるともいわれています。

動物も排毒機能を持っていますが、腎臓、肝臓などが主にその機能をメインとして働きます。これらの臓器に長期に過度に負担がかかることで腎機能障害を引き起こしてしまいます。

重金属を摂取させないためには下記のことが重要です。

重金属をためないための予防法
・デトックス機能がある食事、サプリメントを摂取させる
・鯨、マグロ、カジキ、キンメダイなど水銀を多く含む大型魚を与えない、控える
 (参考:厚労省の出している妊婦向け資料)

量子波動器による介入(予防、改善)

量子波動器を活用することで、現在の腎臓の機能の状態を可視化することができます。予防というフェーズで介入することができると、悪くなっているかの状態把握ができます。また、悪くなる前に介入することで今後の悪化を防ぐこともできる示唆がCase Reportで存在します。

Case Reportの内容としては34匹の猫に対して介入を行ったところ、尿素とクレアチニンが正常値に戻り通常生活ができるまで回復したという事例があります。すべての猫に5-6回のセッションを行うという形で介入をしたというもので、5回のセッションを終えた4週間後にはほとんどのケースで血球数が減少しました。

Case Report内で細かく明示はしていないですが、予防で介入することで水銀などの重金属のデトックスも可能であると獣医師が証言しています。

参考: https://bioresonance.com/kidney-failure-in-cats/

最後に

現在の治療法は猫がつらくなってから、症状としては下記のような症状が出てから対処することが多いです。
・断続的な下痢、嘔吐
・全身の倦怠感
・水を普段よりよく飲む
・口から尿毒症のにおいを出す
そしてこれらの症状が出ているときは、すでに腎臓が75%程破壊された状態で見つかるともいわれています。

この段階になってから薬で症状コントロールをし、辛さを軽減することもできることもありますが、そのまま衰弱していってしまうケースもとても多いです。

健康・長生きのためには猫も人間も「予防が大事」というのは変わりません。

予防そして、早期の介入により、一日でも長く健康にそして素敵な時間を過ごせるよう祈っています。